靴修理 靴クリーニング バッグ修理 靴磨き の専門店 パターンオーダー紳士靴受注開始 紳士靴 婦人靴 ワークブーツ 乗馬靴 ムートンブーツ スニーカー REDWING レッドウイング アウトドア リュック修理 営業時間10:00-19:00 水曜日定休 その他不定休あり 埼玉 越谷 新越谷 越谷レイクタウン TEL 0489715873


by glazeblanc

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

Services (業務内容)
Price list (価格表)
Order (紳士靴と革小物のオーダー)
Ripair school (教室)
Contact (連絡 問合せ)
Access (地図)
プロが教える効果的な磨き方 お手入れ方法
配送による修理、クリーニング等のご依頼

最新の記事

CORTHAY コルテ 入..
at 2017-11-23 21:19
fmk paper 2018..
at 2017-11-23 11:17
Christian Loub..
at 2017-11-21 22:26
TUMI トゥミ ドットボ..
at 2017-11-20 22:04
傷んだ革のクリーニングと磨き..
at 2017-11-19 22:28

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月

外部リンク

画像一覧

<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

本当に自分の足に合った靴の選び方③

b0310556_23591273.jpg

本当に自分の足に合った靴の選び方と題して2回もグダグダ書いてきましたが、今回でとりあえず最後にしておこうと思います。

今回は靴選びのポイントになる履き方についてです。

前回サイズ選びについて、価格帯に縛られず、様々な靴を試着してみる事が大切ですと書きました。
しかし、この時間違えた履き方をしてしまうと、本当に自分の足に合っているのかどうかの判断を間違える事になります。

靴のデザインや、構造によっても違いがあるため、まずは基本となる紐付きの靴の選び方から。

紐付きの靴はどんな靴でも、紐をギュッと締める事で、靴の中で、かかと側に足を合わせる構造になっています。
逆に紐を締めないで履くと、歩いた時に靴の中で、足が前後左右上下と、動いてしまい、足の動きにも靴がついてこなくなる為
靴の機能が正しく発揮されません。

実はこの履き方をしている方、非常に多いです。この履き方をすると、横幅がきつく感じたり、つま先が傷だらけになったり、踵を引きずるような歩き方になる為踵の減りが早くなったり、靴が傷むのが早くなってしまうのです。
また、この履き方をしている方のほとんどが、姿勢が悪いのです。腰痛やら、肩凝りやら、靴だけでなく身体にも負担がかかってしまうのです。

紐靴の試着の際は必ず、足を踵に合わせてから、紐をきつく締めて両足履いて履き心地をチェックしてください。
普段の履き方も同じです。少しキツイかなぐらいでも良いので、必ず紐を締めて履いてください。
紐靴なのに、そのまま脱ぎ履き出来るとか、靴ベラを使えば履けますと言う履き方はしないで下さい。

次に。紐靴ではない靴、例えばローファー、パンプスなどの履き方になります。

紐靴と違い、紐で調整して、踵に合わせると、いう事ができません。その為ローファーやパンプスは紐靴よりも小さめのサイズにして下さい。

小さいサイズにした時に、足が入らない、一部分が痛い、などの場合は、サイズが合わないのではなく、足の形と靴の形が全く合っていないという事になる為、そう言う靴は買わないようにしましょう。

また、安易にインソールを入れれば大丈夫とか、革だから馴染むんで大丈夫ですよとか言う店員さんからは絶対に買わないようにしましょう。

以上が本当に自分の足に合った靴の選び方の大事なポイントになります。
もしも、履きやすい靴を購入したら、是非Glazeblancにお持ちください。簡単に長持ちさせるお手入れの仕方や修理代を抑えて長く履けるようにするコツを教えちゃいます。

他にも靴選びの大切なポイントはたくさんあるのですが、靴のデザインや構造により変わったりしてキリがないので、今回はこの辺でひとまず終わりにしておきます。


Glazeblanc

Blog http://glazeblanc.exblog.jp

Twitter https://twitter.com/720ds

Instagram https://www.instagram.com/glazeblanc/

0489715873

埼玉県越谷市越ヶ谷一丁目16-12

越谷駅から徒歩5分

靴修理 靴磨き 鞄修理 バッグ修理 靴クリーニング 革クリーニング 革小物オーダー 登山用リュック修理 アウトドア用リュック修理 靴バッグ修理技術教室
SaturdayFactory展示中 家具 雑貨

埼玉 越谷市 越谷 新越谷 南越谷 レイクタウン
by glazeblanc | 2016-07-08 23:03

本当に自分の足に合った靴の選び方②再

b0310556_10323366.jpg

先日一回あげたのですが、編集途中のものを間違えてあげてました。失礼しました。

前回に引き続き本当に自分の足に合った靴の選び方②

なかなか自分の足に合った靴がない、見つけられない、そもそも、今履いている靴でさえ合っているのかわからない、そんな方は沢山いるのではないでしょうか。

前回は靴の選び方で重要な2点があるという事で前置きしましたが、今回はいよいよ核心に迫って行きたいと思います。

靴選びで、まず最初に重要になるのがサイズ選びです。

ここで皆さんが靴選びを間違えてしまうポインドがあります。

自分の足のサイズ一般的に足の長さ(足長)と、市販されている靴のサイズ表記は違うという事を知ってましたか?
自分の足の長さは実際に計測した自分の足の長さになります。
しかし、市販されている靴のサイズ表記は、靴を作る時のサイズ展開をする時の基準値でしかないと、いうことです。

サイズ表記は正確じゃないの?と、思われる方は沢山いると思います。しかし、サイズ表記は、各ブランド、メーカーによってバラバラなんです。
なぜバラバラなのか!それは靴を作る時の各ブランド、メーカーが考える理想のはき心地や、考え方が違うからです。(本当は他にも色々な要因があります)
そのため、ゆったり目のはき心地を理想とするブランド、メーカーは、例えば実寸が25センチの足のひとが履いた時に、ゆったりと感じるように実寸では、25.5〜26くらい大きめに作ります。
逆にきつめのはき心地を理想とするブランド、メーカーは、ジャストか、少し小さく感じるように25〜24.5作ります。(実際にはそんな簡単に作り分けはしません。もっとシビアだと思います。)と、そんな感じで、同じ25センチ表記の靴でも、履いた感覚は全く違うのです。

そしてそこに絡んでくるもっとも重要なポイントですが、自分自身で感じる履いた時の感覚です。
各ブランド、メーカーごとに理想とするはき心地(感覚)がある事は書きましたが、はき心地(感覚)は、履いた人にしかわからない!と、いう事です。
なぜ履いた人にしか解らないのか?それは、足のサイズ以外に重要なポイントになる足の形です。
足の形は百人いれば百通りの足型になります。一人として同じ足の形はありません。そして履きやすいと感じる感覚も百通りになります。

そこで、大切な事が、沢山試着してみると、言う事です。自分の足の感覚を理解する事が大切です。

試着の時に、店員さんの出してくれたサイズ以外にも、前後のサイズを出してもらい、両足で試着する必要があるのです。
履き比べると、その違いが感覚でわかってくると思います。

そしてもう1つ。
高い靴も試着してみましょう。なかなか敷居が高く、試着なんかしようとも思わないと思いますが、是非試して頂きたいと思います。
高い靴はほとんどが、ヨーロッパや、アメリカ製です。日本と比べて靴の歴史が長いです。という事は、靴についての考え方や、理解も、深いということで、より足の事を考えて作られているという事です。
高い靴でも、足の感覚に合わなければ履けません。履けない靴はゴミと一緒です。
靴の価格に関係なく沢山試着を沢山する事で、価格によっての履きごごちの違いや、自分の靴の履き心地の好みなども、わかってくると思います。

また靴を試着の際は、つま先部分の横幅で靴選びをする方が多いですが、試着の際は必ず靴と、足を、かかと部分で合わせる様にして下さい。ここを間違えると、大きすぎるサイズや、全く足に合っていない靴を履く事になるので、試着の際は十分気をつけて下さい。

今回は靴のサイズ選びという事で書きましたが、結論としてはサイズよりも試着した際の足の感覚が大切ですよと、いう事ですね。そして、その感覚は店員さんに教えてもらえる事ではないので、自分で色々な靴を試着しに行って経験値を積んでいく事で、より失敗しにくい靴選びができる様になると思います。

次回は、本当に自分の足に合って靴の選び方③履き方についてになります。
相変わらず下手な文章です。ご容赦下さい。


Glazeblanc

Blog http://glazeblanc.exblog.jp

Twitter https://twitter.com/720ds

Instagram https://www.instagram.com/glazeblanc/

0489715873

埼玉県越谷市越ヶ谷一丁目16-12

越谷駅から徒歩5分

靴修理 靴磨き 鞄修理 バッグ修理 靴クリーニング 革クリーニング 革小物オーダー 登山用リュック修理 アウトドア用リュック修理 靴バッグ修理技術教室
SaturdayFactory展示中 家具 雑貨

埼玉 越谷市 越谷 新越谷 南越谷 レイクタウン







by glazeblanc | 2016-07-05 00:51